中古車の売買をするときの注意点

車を購入しようと考えている人がいますが、新しい車を購入するとなるとお金がないので、中古車を選ぶという人も少なくありません。そこで中古車の売買をする際には、その流れや見積書の読み方など知っておかなければいけない注意点がいくつかあります。古い車と言っても数十万円から数百万円という高い買い物となります。購入すると言うことは売買契約をするという形になるので、必要な書類は費用などをしっかりと把握しておくようにします。

実際に中古車を購入するまでは手続きや書類を準備しなければいけません。契約書を交わすときには、最初に見積書を提出してもらうようにします。そしてこの見積書と間違いがないことを確認してから本契約を交わすことがポイントです。契約書には必ず備考欄があるので、ここに販売店側と交わした口約束などを記入しておきます。

契約書の確認をするだけでも大変な作業となります。したがって今までに経験したことがある人や知識が豊富な人に同席してもらうと安心です。また現在気になっている中古車があるという場合には、すぐに見積もりだけでも取っておくようにします。良い車ほど速く売れてしまうからです。

中古車購入の流れはまず予算を決めて情報を収集します。そして駐車場の確保をしてお店を選びます。ここで見積もりや値引き交渉を行って契約手続きをします。お金の支払いを行い任意保険に加入し納車を待つという流れになっています。

納車した日からしっかりと任意保険に加入しているか確認するようにします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です