正しい知識と中古車情報で間違いのないクルマ選び

中古車購入は新車購入と異なり正しい中古車情報が必要です。新車と中古車のれっきとした違いは、受注販売か現在すでに市場に存在する登録済みのクルマかということです。新車の場合、発注後にオーダーをかけてから生産がスタートしてユーザーの手元に来ます。価格はメーカー希望小売価格にカスタマイズされたオプション価格が加わり購入価格が決まりますが、中古車の場合、1台1台状態が違うため価格の決まりがありません。

この中古車の中古車の個別の価格というところをしっかりと押さえて車種選びからスタートしましょう。クルマには各々、セダン・SUV・クーペ・ステーションワゴン・ミニバンなどのタイプがあります。新車価格はメーカーがあくまでも決めますが、中古車はタイプにより人気で価格が上下します。例えば、ミニバンやSUVは人気の車種で、セダンは中古車の場合人気が若干落ちます。

クーペの場合、実用性が低いのですが、市場流通台数が少ないことから希少性が高まる車両ともなりますので、中古車で意外な高値が付くことがあります。正しい中古車情報を得るためには、市場全体の相場を知ることで、同年式同車種で条件が同一のクルマを検索し、平均価格を押さえておきましょう。相場は業者間の流通をスムーズにする指数であり、あくまでも標準的価格です。相場を知ることが正しい中古車情報を得る方法であり、相場をもとに車両検索や価格交渉が行え、間違いのないクルマ探しと自分に合った1台が探せるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です