いま買うべきは中古車

車があったら生活が飛躍的に便利になります。どこにいくのも電車のように出発時間を気にせず、走行時間だけ計算をすれば行けます。車を所有したい願望はいろいろな人にあるハズです。しかし、新車で買うとなるとなかなか決断がくだせません。

理由はまず価格にあると思います。平均年収が400万円台の昨今、新車で買うとなると平均200万円くらいは費用がかかってしまいます。そこで中古車販売市場に目を向けると、安くて程度のいい車がたくさん出ています。初めて乗る人も、乗り換える人も新車で買うよりはるかに安い値段で購入することができます。

新車で150万から200万円の車も100万円を切る価格で探すことができます。第一に中古車販売市場の利点は値段にあると思います。車種の豊富さもさることながら、費用を抑えることが、車を購入することにつながります。誰しも安くていい車に乗りたいでしょうから。

では、なにを基準に膨大な中古車市場のなかから選べばいいのか?乗りたい車が決まっているのならその車を検索すればすむ話ですが、何を選べばいいかわからないこともあると思います。第一に予算。自分の出せる金額がどのくらいなのかによって選べる車も決まります。第二に走行距離。

同じ100万円で中古車を選ぶにしても走行距離10万キロを超えた高級車と2万キロ以下の一般車でしたら、2万キロ以下の一般車を選んだほうがベターでしょう。もちろん高級車に乗りたいのであれば、10万キロの高級車を選んでも問題はないでしょうが、のちの修繕費を考えると2万キロの車を選んだほうが無難です。このように中古車市場では、多岐に渡る選択肢が存在します。故に、今車を探して買うなら中古市場であると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です