レンタカーを使うときは24時間で

社用車を持っている会社だと、なにか運ぶ用事があったときにその車を使うのは当たり前になっています。ただ、社用車が普通車で積載量が多くない場合、無理をしない方が良い場合もあるのです。例えばトラック何台分にもなる荷物があり、普通車を2台持っていたとしてもそのピストン輸送の回数は大変なものとなるでしょう。車にも向き不向きがあるのは当然の話です。

そこで、レンタカーでトラックを借りてしまえば多くの労力が軽減されます。借りたいときだけ短期間に借りられる事だけでなく、用途に応じた車種を選べるのもレンタカーの利点なのです。レンタカーを借りるときは24時間にするのがお勧めです。例え8時間あれば十分という時でも、8時間びっしり利用したあとに返しに行かなければならず、返しに行く社員の労力や待っている社員の疲労を考えると、多くの場合24時間後の返却にした方が安く付きます。

24時間となると翌日の朝に返しに行けばいいので、当日終わった後会社に駐車して一旦終了出来ますし、イベントごとならそのありがたさは身に染みるでしょう。正式な借り物なので忘れ物があってはいけませんが、疲れ切った夜にそれを確認するよりは、元気な朝に冷静な目で確認した方が安心出来ます。費用に関しては高くついてしまいますが、会社の判断としてはそういった社員の事を考えてあげるやり方の方が、ありがたいと思ってもらえるでしょう。また、上手くやっているとも思ってもらえるはずです。

24時間のレンタカーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です