観光で利用したい24時間のレンタカー

車の運転が好きな人は、多少遠い場所での旅行もマイカーを使うケースは多いけれども沖縄などのように離島になったときや北海道のように距離が長くなってしまうと現地でレンタカーを借りた方が便利なケースは多いといえましょう。また、ワンウェイを利用できる会社を選んでおけば、北海道旅行などの際には便利です。基本的に、1日24時間などの単位で借りることになりますが、利用開始時刻と返却時刻のトータル時間が72日時間であれば72時間÷24時間で3日間のレンタカー利用になりますが、超えた分は時間貸しで清算することになります。例えば、3日利用だけれども76時間の中でレンタカーを借りたいときには、76時間÷24時間=3日と6時間になります。

レンタカーでは事前予約をする際に返却日時を伝えておく必要があり、遅れるときには事前連絡をすることで返却時に超過分を支払う必要が出て来ます。この超過分は、間までの中であれば割安になるけれども10時間になってしまうと6時間と4時間の料金をそれぞれ加算した金額になるなど割高になることも少なくありません。もし、24時間借りた場合でも同じ金額になるのであれば少し余裕をもってレンタカーを借りておけばトータル費用を抑えることができますし何とか返却時刻まで間に合わせようなど無理な運転をせずに済むメリットもあるわけです。そのため、観光で使うときには料金料表を見て一番得になる借り方をするのがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です