自動車はタイヤで変わる

自動車のタイヤはどれでも同じだろうと思っている人も少なくありませんが、実は装着されるタイヤによって、乗り心地や走りがかなり変わります。


そのために新車の状態で装着されているタイヤを、購入後すぐに気に入ったタイヤに交換する人もいるくらいです。

配送車両ラッピングは人気のテーマです。

仮に、同じ自動車に10年10万キロ乗り続けるとしたら、その間に2回はタイヤを交換することになりますので、その時にはタイヤにはどのような種類があり、それぞれどのような特徴があるのかを調べてみる必要があります。

タイヤには、スポーツタイヤから乗る心地を重視するタイヤ、燃費を重視するタイヤ、さらにはオフロード用のタイヤまで目的に合わせていろいろな複数の種類があります。
さらに、同じスポーツタイヤであっても、グリップ力、制動力、燃費性能、静粛性能、耐久性能などが違います。

メーカーでは、タイヤごとに各性能について表示しているので、それを参考にしながらタイヤに求める性能に優先順位をつけて、タイヤ選びを行うと良いでしょう。たとえば、乗り心地が固いと感じているなら、柔らかい乗り心地のタイヤに交換してみると良いでしょうし、ロードノイズが気になるのなら、静粛性を優先して作られたタイヤを選ぶと良いでしょう。

自動車の性能を劇的に変えるわけではありませんが、それでもタイヤの性能を実感することができるはずです。

OKWaveについての情報をお探しの方は必見です。

なお、格安タイヤは寿命が短く、かえって高くつくことになることが多いので注意しましょう。